TOP > ニュース一覧化粧品ニュース一覧化粧品ニュース

化粧品ニュース

[業界ニュース]マツモトキヨシHDが美と健康のフォーラム

2018年5月1日

 マツモトキヨシホールディングスは4月18日午後6時30分から、東京都千代田区の有楽町よみうりホールで「第25回セルフメディケーションフォーラム『美と健康のエキスパートから学ぶ今日から始めるワタシ磨き』」を開催した。
 CSR活動の一環として実施しているもので、今回は、味の素と花王の協力のもと、一般女性約1000人に日常生活で活用できる「美と健康」に関するソリューションを提供した。
 フォーラムは2部構成で実施。第1部では健康をテーマに味の素の講演として、元五輪選手でタレントの荻原次晴氏と、SC軽井沢クラブ所属でカーリング日本代表選手の両角友佑選手が「平昌オリンピックを振り返り、2020年東京に向けて」と題したトークセッションを行った。
 第2部の花王の講演では、美をテーマに展開。同社の猪股幸雄研究開発員を講師に迎え「『美と健康』に基づいたサンケア製剤」について基調講演を行った。紫外線による美への影響や、日焼け止めの歴史と進化を説明した上で、塗布後の摩擦による効果低下を防ぐ独自開発の「フリクションプルーフ」機能を紹介した。
 続いてヘア&メークアップアーティストのイガリシノブ氏が「この春、おすすめのお肌とメイク」と題したトークショー及びメイクショーを披露。その後は、恒例のプレゼント抽選会が行われ、大いに盛り上がった。
 冒頭、あいさつに立った松本貴志常務は、これまでの「マツキヨ」の歴史とともに、現在展開している新業態店舗「ビューティーユー」などを紹介。「様々なサービスの提供に取り組んでいる」とし「今後もみなさんの美と健康に役立てるよう、工夫を凝らしていきたい」と述べた。
 また、会場内では各社がブースを設置。公演前や休憩時の参加者にそれぞれの商品特徴などをアピールした。

 

 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)