TOP > ニュース一覧化粧品ニュース一覧化粧品ニュース

化粧品ニュース

[業界ニュース]ポーラ「Red B.A」で新展開

2018年6月18日

 

 ポーラは9月1日、エイジングケアのエントリーラインとして展開する「RED B.A」を「RedB.A」に名称変更し、新アイテムを発売する。10月からは、香港、台湾、タイ、中国で順次展開する予定。発売に先立ち6月12日午前11時から、東京都渋谷区の表参道ヒルズで新商品発表会を実施した。
 同社では、睡眠不足、精神的ダメージ、紫外線などストレスの原因となる内的・外的要因である「ストレッサー」の影響で、肌状態が日々変動していたことを発見。ストレッサーに対応して副腎皮質から分泌し、生体防御の仕組みを活性化するホルモンである「コルチゾール」が肌内で“居座り化”することで肌細胞の多様な働きが低下し、表皮細胞では潤い因子の、線維芽細胞ではコラーゲンの産生量が減少してエイジングにつながっていることを見いだした。特に30代は肌状態の変化、ばらつきが大きいことからコルチゾールに反応しやすく、肌の変動に合わせたケアをすることを追求する。
 具体的には、生き生きとした肌の働きを発揮しようとする力に着目した「リブートバイオアクティブ理論」を提唱。肌のフリーズ状態から細胞本来の力を再起動させる「シュードアルテロモナス発酵液T」を始め、最先端研究から生まれ様々な肌悩みにアプローチする成分を配合している。加えて、疲れた肌をリセットするとともにボリューム感などを出すように整えて、長期的なエイジング変化、短期的な肌変化の双方に対応する「センシングジャスト設計」、本能を目覚めさせるテクスチャーや香りを採用した「センシングタッチ感触」という三つの価値を提供する。
 ラインアップは6品目8品種。ジュレ感触で、肌を解きほぐすように浸透する「ボリュームモイスチャーローション」(120ml9000円、リフィル8500円)、きめ細かな泡が肌を目覚めさせるような感触の美容液「ビギニングエンハンサー」(70g6800円)、潤いのベールをつくり滑らかでハリ感のある肌を目指すミルク・クリーム「マルチコンセントレート」(50g1万1000円、リフィル1万500円)の他、クレンジング、洗顔料、顔・体用オイル美容液をそろえた。
 脈打つように活動し続ける生命の力をイメージした製品デザインも特徴の一つ。アイテムごとに色、質感、グラデーションが異なる「センシングレッド」を採用した。
 発表会では、商品企画部の三木香苗RedB.Aプロダクトリーダー、B.Aリサーチセンターの後藤悠氏が新製品の概要や開発背景などを解説。三木リーダーは「自分の本能を信じ、美しさに妥協しない女性へ向け、本能のままに力強く輝くような生命美あふれるブランドへと生まれ変わる」と自信を見せた。
 会場内には、アーティストの増田セバスチャン氏が、製品をイメージして制作したオブジェを展示。ブランドの世界観を強調した。


 

 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)