TOP > 掲載企画市場ウオッチ

市場ウォッチ

日用品化粧品新聞で掲載している市場ウォッチをご紹介します。
 
 

「エイジングケア しわ・ハリ対策」団塊ジュニアが狙い目

 

 高齢化や美容意識の高まりに伴って拡大しているエイジングケア市場。調査会社の富士経済は、エイジングケアのうち「しわ・ハリ対策」を注目コンセプト市場として

続きを読む
 
 

「カビ取り剤」非需要期に単価アップ

 

 カビ取り剤が需要期ではない9月、10月に大幅な成長を見せた。ライオンの「ルックおふろの防カビくん煙剤」が上乗せされ、また他社が対抗策を打ち出して

続きを読む
 
 

「家庭用手袋」利用頻度の増加で成長

 

 水仕事が辛くなる冬場に重宝する家庭用手袋。食中毒の予防など衛生意識の高まりによる需要増、高齢化の進行に伴う介護需要の拡大から、使用目的が多様化し

続きを読む
 
 

「ハンドクリーム」11月より順調推移

 

 残暑が長引いた影響から、9〜10月には売り上げが伸びなかったハンドクリーム。「寒くなる前にハンドケアを始めようという啓発活動」(メーカー担当者)も

続きを読む
 
 

「防虫剤」苦戦中も香り付き好調

 

 残暑が厳しく中々秋めかなった今年の9、10月。防虫剤の需要も高まらず、市場としては今シーズン、前年の6割、7割でのスタートとなった。

続きを読む
 
 

「入浴剤」炭酸ガスが市場底上げ

 

 6年ぶりに厳しい寒さとなった昨冬。更に健康志向の高まりからくる炭酸ガス製品人気で、入浴剤の市場は数量、金額共に前年を2〜3ポイント上回ったと見られる

続きを読む
 
 

「救急用品」震災で備蓄意識高まる

 

 東日本大震災を契機に、救急用品の備蓄意識が高まっている。

 企業による救急セットの購入が高い伸びを見せている他、

続きを読む
 
 

「殺虫剤」「返品少ない」と予測

 

 殺虫剤市場の2月1日から9月5日までの売り上げ状況は、前年同期比で96・5%とマイナスで推移した。 減少した主な理由は「気温がなかなか上がらなかった

続きを読む
 
 

「殺虫剤」現在苦戦も今後に期待

 

7月下旬以降、猛暑日が続き、商品動向が本格化しつつある殺虫剤市場。しかし、6、7月と気温がなかなか上がらず、また、天候不順などの影響で、4〜7月上旬の市場全体の数字は

続きを読む
 
 

「コンドーム」需要期へ店頭作り進む

 

人口減でマーケットが縮小していく中、数量が微減の傾向にあるコンドーム市場。しかし、特売品の減少や高付加価値品の登場などで金額ベースでは横ばいを保ちつつある。

続きを読む

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)