TOP > 掲載企画市場ウオッチ「カイロ」節電需要の反動受ける

市場ウォッチ

「カイロ」節電需要の反動受ける

2013年02月18日

 昨年から耳にし始め、この冬もマスコミなどでよく取り上げられた「爆弾低気圧」。都内でも1月14日に数年ぶりの積雪を記録した。

 寒さが厳しければ、当然、冬物商材にも大きな影響がもたらされる。冬物商材筆頭のカイロ市場は果たしてどういった動きを見せているのか。

 あるメーカーの調査では、昨年10〜12月の対前年同期比は104%とプラスだったが、12月〜今年1月は同95%と前年を下回った。

 これは、11年シーズンの冬も寒さが厳しく、また東日本大震災の発生による冬の節電意識の高まりなどで「11年のシーズンがかなり良かった」(メーカー関係者)ことの反動が大きい。更に、今年1月14日の都内の大雪は、3連休の最後だったことも、思いの外、数字が伸びなかった要因という。

 ただ、腰や肩などの部位別は、今年も2桁増で伸長中。カイロ市場全体の中ではまだ規模は小さいが、気温に大きく左右されない商品として業界内での期待も高まっている。

 
1
 
Share (facebook)
 

  

バックナンバー

     

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)