日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

  • トイレタリー
    日用品
    生活雑貨
    化粧品の専門紙

    日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・
    用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する
    専門紙で、毎週月曜日に発行しています。

  • 定期刊行ダイジェスト
  • 定期刊行
    ダイジェスト

 

最新号のお知らせ

NEWS 

2020/07/03
持続可能なビジネスモデルへ/ロレアル最新サステナビリティ目標発表
 ロレアルグループは2030年に向けた最新のサステナビリティ目標を発表、6月26日午後4時(日本時間)から、オンラインでその概要を説明した。  ロレアル本社に続き発表した日本ロレアルの活動目標は、21年6月末までにリテール・プロモーションの全ての新規什器を、同社の独自基準を満たした100%エコデザインPOSに切り替える。また、22年末までに全拠点でカーボン・ニュートラルの達成を目指す。既に全拠点での再生可能エネルギーの100%採用は達成しており、SDGsの推進に向けた策をより一層強化する。更に、23年末までにリサーチ&イノベーションセンターでの製品開発において独自のトラスト基準を100%満たす。 (詳細は「日用品化粧品新聞」7月6日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)
2020/07/03
次亜塩素酸水の正しい情報を/普及促進会議が設立
 次亜塩素酸水についての正しい情報発信を行い普及させていこうと関連メーカー、販売者らが集い、それまで有志による団体だった「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」が一般社団法人として設立された。これに伴い、同会議は6月29日午前9時30分から、東京都千代田区のKKRホテルで設立総会と記念シンポジウムを行った。  先に発表された製品評価技術基盤機構(NITE)の中間発表で、次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する有効性と空間噴霧の安全性について正しい報道がなされなかったことから風評が広がり国内に不安と混乱をもたらしたとして、危機感を持った有志が集まり6月11日に会見を開いたのがきっかけ。以降、全国300社を超える賛同が得られたこともあり、一般社団法人の設立に踏み切った。  総会では冒頭、越智文雄代表理事が会議の設立宣言を行い、これまでの経緯と合わせて6月29日に発表されたNITEの最終報告では次亜塩素酸水が有効であるという内容に変わったことで「より効果的に使用してもらうために業界として検討を進めていく」などと今後の方向性や活動方針を示した。 (詳細は「日用品化粧品新聞」7月6日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)
2020/06/29
マスク・衛生用品の安定供給へ/日衛連が通常総会
 日本衛生材料工業連合会(日衛連)は6月18日、東京都千代田区の経団連会館で第82回通常総会を開催。各議案について可決した。これに伴い高原豪久会長(ユニ・チャーム)ら役員が会見に臨み、これまでの活動内容や今後の方向性などについて説明した。新型コロナウイルスの影響で衛生・清潔意識が一段と高まる中、業界としての動きが注目を集めることとなった。  会見では、高原会長が総会終了を報告したのに続き、新役員として就任した高津敏明副会長・全国救急絆創膏工業会会長(ニチバン)、澤田道隆常任理事・環境委員長(花王)、一橋俊司常任理事・財務委員長(ハクゾウメディカル)を紹介した。  続いて、高橋紳哉専務理事が、新型コロナウイルスに対する日衛連の対応を説明。特にマスクの供給については、国からの安定供給要請に対応し、需給状態を環境変化に応じて集計期間を変更するなどして報告してきたことや、増産の要請を会員企業に発信してきたと説明した。また、ウイルス感染者などへの対応として物資の支援を行った他、会員企業からマスクの緊急供給を実施したことも報告した。(詳細は「日用品化粧品新聞」6月29日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

@cosme
kaihatsu20_ohasaka.jpg

日用品化粧品新聞について

ABOUT

日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・日用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する専門紙で、 毎週月曜日に発行しています。

掲載企画

POSTING PLAN

お知らせ

2020/05/01
【休刊のお知らせ】
本紙「日用品化粧品新聞」5月11日号は大型連休に伴い休刊させていただきます。次回は5月18日号から発行いたします。ご了承ください。
2020/04/09
【全従業員の在宅勤務実施について】
株式会社日用品化粧品新聞社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け時差出勤、一部在宅勤務の推奨などを行ってまいりましたが、政府の緊急事態宣言に伴う外出自粛要請を受け、4月13日〜17日の期間、全従業員を対象とする在宅勤務を実施いたします。以降につきましても今後の状況を見ながら対応してまいります。関係各位におかれましては、ご不便お掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
2020/04/09
【休刊のお知らせ】
本紙「日用品化粧品新聞」4月20日号は都合により休刊とさせていただきます。ご了承ください。

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT