日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

  • トイレタリー
    日用品
    生活雑貨
    化粧品の専門紙

    日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・
    用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する
    専門紙で、毎週月曜日に発行しています。

  • 定期刊行ダイジェスト
  • 定期刊行
    ダイジェスト

 

最新号のお知らせ

NEWS 

2019/09/13
花王「ソフィーナiP」、“ダブル美容液”提案
花王は11月9日、「ソフィーナiP」から「ベースケアセラム〈土台美容液〉」(90g5000円、レフィル90g4500円、同180g8500円)、「インターリンクセラム」(3種各55g3800円、レフィル3種各55g3600円)を発売する。化粧水、乳液を使わずに、二つの美容液で手入れする“ダブル美容液(セラム)システム”を新たに提案。仕事、家事、育児など、多忙な生活を送る現代女性の「効果も効率も大切にしたい」というニーズに応える。  「ベースケアセラム〈土台美容液〉」は、高い人気を誇る既存アイテムを改良。クリーミーな炭酸泡が滑らかに広がって肌に密着し、浸透する。次に使う美容液のなじみが良くなることもポイントで、過酷な環境の中で乾燥し、こわばりがちな肌を柔らかくほぐして“うるおい密度”の高い肌へと導く。  また「インターリンクセラム」は、「うるおって柔らかな肌へ」「うるおって弾むようなハリ肌へ」「うるおって明るい肌へ」と、なりたい肌別に3タイプを用意。化粧水機能と乳液機能を兼ね備えた独自の処方を採用し、それぞれのニーズに合わせた複合保湿成分を配合した。(詳細は「日用品化粧品新聞」9月16日号)
2019/09/13
アース製薬が園芸パートナー会。スリークロスの活動など紹介
アース製薬は9月6日午後2時30分から、東京都港区のコンラッド東京で、園芸関連の代理店や特約店を招いたパートナー会を開催した。  川端克宜社長は、園芸市場がここ数年縮小傾向にある中、自社は前年を上回って推移していることや、消費者目線のものづくりを追求することで、消費者に共感とリピートを生み出していることを強調。「園芸人口は今後10年大きくは縮小しないと見込んでいる」ことから潜在需要を顕在化することで市場の拡大を図る考え。  スリークロスの活動では、トマト用アイテムや「バライフ」「ボタナイス」といった商品が、消費者に気付きを与える店頭展開に注力したことでいずれも大きく伸びており、今後3社のコラボをより強めた商品を投入することで現在の勢いを更に加速させる。  また、各社が新たな価値を提供する新製品を投入。コンセプトを強く訴えた新ブランドの殺虫殺菌剤や、革新的な技術を用いたハチ用商材などを展開する。(詳細は「日用品化粧品新聞」9月16日号)
2019/09/06
花王「アタックZERO」発売5カ月で出荷4600万本
花王は、4月1日に発売した衣料用洗剤「アタックZERO」の累積出荷数量が、8月までの発売5カ月で4604万本に達したと発表した。以前の「アタックNeo」シリーズ発売からの同期間に比べて5割増の実績に相当するという。  発売後の反響について同社では「落ちにくい汚れ、生乾き臭、洗剤残りをゼロへ、という『ゼロ洗浄』技術を採用した洗浄力が、こうした大きな環境変化、ライフスタイルの変化にマッチし、お客様の高い支持をいただいている」として、時代を捉えた高い洗浄性が受け入れられていると分析する。また、目新しい形状で、片手で簡単に使える、プッシュ回数で量を調整できるという機能、使い勝手も評価されているとした。(詳細は「日用品化粧品新聞」9月9日号)
@cosme

日用品化粧品新聞について

ABOUT

日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・日用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する専門紙で、 毎週月曜日に発行しています。

掲載企画

POSTING PLAN

お知らせ

2019/07/29
【夏季休暇】休業のお知らせ
誠に勝手ながら、2019年8月10日(土)〜18日(日)まで夏季休暇とさせていただきます。
2019/07/29
発行日変更などについて
「日用品化粧品新聞」は7月29日号を8月1日号に変更、また8月19日号は休刊とさせていただきます。
2019/04/10
大型連休に伴う発行日変更などについて
4月27日〜5月6日の大型連休に伴い、「日用品化粧品新聞」は4月29日号を5月1日号に、また5月6日号は休刊とさせていただきます。

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT