日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

  • トイレタリー
    日用品
    生活雑貨
    化粧品の専門紙

    日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・
    用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する
    専門紙で、毎週月曜日に発行しています。

  • 定期刊行ダイジェスト
  • 定期刊行
    ダイジェスト

 

最新号のお知らせ

NEWS 

2020/11/30
全粧協が通常総会を開催
全国化粧品小売協同組合連合会(全粧協)は11月19日、東京都墨田区の東武ホテルレバント東京で「2020年度通常総会」を開催、同年度の事業報告、決算報告、21年度の事業計画、収支予算などを承認可決した。これに伴い同日、役員とマスコミ各社との懇談会が行われ、松坂典良理事長らが今後の方針などを説明した。  新型コロナウイルス感染拡大の影響から当初の予定が変更になったことを受けての開催となり、特に事業計画については各委員会が立案した答申案をオンライン理事会で審議し、これをベースに優先順位を決めた上で本部理事会で成案した。主に「都道府県粧協への収益事業の還付率は、それぞれの事業ごとに定める」とした他、ブロック内の各粧協の連携を深めて活発な活動を促進するために、総会開催報告書を提出したブロックに「ブロック支援金」を支給することなどの計画を進めていくとした。(詳細は「日用品化粧品新聞」11月30日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)
2020/11/30
「エコプロOnline2020」業界各社が環境対応を紹介
 産業界や企業・団体の環境問題への取り組みを紹介する「エコプロOnline2020」(主催=日本経済新聞社、サステナブル)が11月25日〜28日、オンラインで行われた。「持続可能な社会の実現に向けて」をテーマに、ブース出展、各種セミナー、展示、パネルディスカッションなどで構成。日用品関連各社も出展し、それぞれの取り組みなどを紹介した。  ライオンは特別企画展である環境学習パビリオン「エコスタディルームOnline」に出展し、「ライオン エコ メッセージ」をコンセプトに、環境に配慮した商品、原材料調達から廃棄まで生物多様性に配慮した事業活動を紹介。また、使用済みハブラシを回収して植木鉢などのリサイクル品に再生する「ハブラシ・リサイクルプログラム」について紹介します。また「ハブラシ・リサイク ルプログラム ポスターデザインコンテスト2020」の最優秀賞及び優秀賞受賞作品の展示も行った。  ESG活動の重点取り組みテーマの一つに「ごみゼロ」を掲げる花王は、フイルム容器の進化によるプラスチック使用削減、リサイクル化への取り組みを中心に展示。セミナーでもこの内容を発表した。 (詳細は「日用品化粧品新聞」11月30日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)
2020/11/24
ユニ・チャームが成長戦略共有会を実施
 ユニ・チャームは11月17日から20日にかけて、自身初となる「2021年ユニ・チャーム成長戦略共有会」をオンライン配信方式で実施した。取引のある流通関係者に向け、高原豪久社長が今後の全社方針を示したのに続き、コロナ禍での需要発掘によるカテゴリー活性化、来春発売する新製品を踏まえたブランド戦略などを紹介した。  冒頭で高原社長は、自社の過去20年を振り返ると共に、今後10年間に向けた方向性を「2030年のあるべき姿」として説明した。「00年代には選択と集中で成長基盤を再構築し、10年代には更なるグローバル化で成長を加速してきた。これからの10年は、ニューノーマルの環境が拡大し、社会的使命の重要性が増してくる中、共生社会の実現を目指していく。そのために、あるべき姿や目的、ゴールなど先を考え、最も優先度の高い課題に取り組んでいく」とした。SDGsの達成のために、企業理念である「NOLA&DOLA」の実践により、共生社会の実現を目指すという。先に発表した中長期ESG目標「Kyo―sei Life Vision2030」を挙げつつ、リサイクル事業や自然環境と共生する商品・サービスの提供など、より具体的な行動が重要との認識を示した。 (詳細は「日用品化粧品新聞」11月23日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

@cosme

日用品化粧品新聞について

ABOUT

日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・日用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する専門紙で、 毎週月曜日に発行しています。

掲載企画

POSTING PLAN

お知らせ

2020/08/03
夏季休業のお知らせ
日用品化粧品新聞社は次の期間を夏季休業とさせていただきます。ご了承ください。【2020年8月11日(火)〜14日(金)】
2020/08/03
発行日変更などのお知らせ
「日用品化粧品新聞」並びに「生活用品タイムズ」7月27日号は8月1日号に、「日用品化粧品新聞」8月3日号は8月5日号として日付を変更して発行いたします。また、夏季休業に伴い8月17日発行分は休刊といたします。ご了承ください。
2020/07/17
発行日変更などについて
「日用品化粧品新聞」は7月27日号を8月1日号に変更、また8月3日号を8月5日号に変更とさせていただきます。

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT