日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

掲載企画コンテンツ > 特集 > 安定成長の背景に健康志向/オーラルケア市場

掲載企画コンテンツ

安定成長の背景に健康志向/オーラルケア市場

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安定成長の背景に健康志向/オーラルケア市場
健康志向の高まりに呼応するように、オーラルケア市場が堅調な動きを続けている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、従来にも増して健康の重要性を認識する人が増えたと言われ、生活様式の変化で一時的な需要の変化は見られたものの、今後の再活性化が期待されるところだ。

単価アップで安定 成長続くハミガキ

 2019年の市場規模は、オーラルケア全体で推計約2500億円、各カテゴリーの単価アップが続いていることで前年比2〜3%増で推移している。それぞれに商品の切り口が多様化している一面もあり、新たな提案があれば購買につながるケースが多い。
 このうち1000億円近い規模を持つ最大カテゴリーのハミガキは、市場全体並みの伸び率となっているようだ。更に今年1〜4月も、引き続き堅調な伸びを示す。この伸びを支えているのが、500円〜1000円を超える中高価格帯。これが金額面では全体の半分近くを占めるまでに成長。人口減少が続く中にあって、中高年層を中心に需要を拡大しているのが目立つ。

(詳細は「日用品化粧品新聞」6月1日号)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT