日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

掲載企画コンテンツ > コラム > ファンケルが銀座の旗艦店で「旅するスクエア湯」

掲載企画コンテンツ

ファンケルが銀座の旗艦店で「旅するスクエア湯」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファンケルが銀座の旗艦店で「旅するスクエア湯」

 コロナ禍で“エアー温泉“、富士山 眼前に

 
ファンケルは1月15日から2月11日まで、東京都中央区の旗艦店「ファンケル銀座スクエア」で、温泉に行った気分になれるコンテンツを全館に用意した「旅するスクエア湯」を実施している。特別コンテンツの展開に先立ち、1月14日に同所でメディア体験会を行った。  
 10階のスカイガーデンには、服を着たまま入れて、じんわりと温まる「エアー温泉」を開設した。銭湯の湯船をイメージしたリラックスシートに座るとほんのりと温かさを感じつつ、アロマで温泉の香りがし、湯気が立ち上るなど、臨場感を実現。スクリーンでは銀座にあるアンテナショップの協力の下、日本各地の絶景を放映している。更には銭湯をモチーフにしてのれん、桶、洗い場などを設置し、壁面には富士山の巨大壁画を用意した。


 温泉気分が味わえる冬の海鮮メニューも

 9階の飲食店「創作料理FANCL令和本膳」では、温泉宿気分を味わえる「冬の海鮮メニュー」を提供。温泉水を使用し、硫黄の香りがアクセントになった紙鍋など、多彩な料理を用意している。(詳細は「日用品化粧品新聞」1月25日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT