日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 企業情報 > 大王製紙が「グーンプラス」新CM発表会を実施

掲載企画コンテンツ

大王製紙が「グーンプラス」新CM発表会を実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大王製紙が「グーンプラス」新CM発表会を実施
 
 ブランドアンバサダーのDAIGOが魅了表現

 
 大王製紙は本紙既報の通り10月21日、子供用紙おむつ「グーンプラス」を発売した。これに伴い「グーン」のブランドアンバサダーにアーティストのDAIGOを起用。10月20日に東京都中央区の時事通信ホール及びオンラインで新CM発表会を行った。CMでは新米パパ役のDAIGOが、赤ちゃんと触れ合いながら、敏感な肌をおむつの刺激からどのように守るのかと思いを馳せる姿を描き「おむつ1枚で、赤ちゃんをもっと幸せにしたい」というコンセプトを発信している。  

 1500人以上のモニターの意見を生かして開発
 
 発表会では冒頭、ホーム&パーソナルケア部門国内事業部長の若林頼房常務がブランドの歴史や新製品の開発背景などを説明。「赤ちゃんの敏感な肌を守るために『エリエール贅沢保湿』と同じ成分を配合しようという構想から製品化まで約2年かかった。開発当初はティシュの技術をそのまま転用すれば良いと考えていたが、保湿成分を塗布する原材料も全く違うため苦労した。試作と検証を繰り返し、1500人以上のモニターの意見を聞きながらようやく『グーンプラス』にたどり着いた」と語った。

 (詳細は「日用品化粧品新聞」10月26日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT