日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 企業情報 > P&Gが東京2020大会の表彰台披露

掲載企画コンテンツ

P&Gが東京2020大会の表彰台披露

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P&Gが東京2020大会の表彰台披露

 大会史上初のリサイクル素材用いた表彰台を製作
 P&Gジャパンは6月3日、東京都江東区の有明アリーナで東京2020組織委員会が実施した、大会の表彰式に使用する表彰台、楽曲、衣装、メダルトレイの発表会に出席、スタニスラブ・ベセラ社長が製作に協力した「みんなの表彰台プロジェクト」に関するあいさつを述べた。  表彰台は、同社が持続可能性に配慮した大会に向け、2019年6月から全国のイオングループ約2000店舗、113の学校で回収を始めた使用済みプラスチック容器を再利用したもの。全98台を製作した。リサイクルプラスチック素材の利用は大会史上初。デザインは大会エンブレムを手掛けた美術家の野老朝雄氏が担当。最先端の3Dプリンター技術やプラスチック加工など日本の優れた技術を活用した。  東京2020大会のバレーボール会場として2019年に竣工した同所で行われた会見は、ベセラ社長の他、大会組織委員会の橋本聖子会長、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長、東京都の多羅尾光睦副知事らが出席した。  

 日本の伝統的な技術を活用。次世代へのバトンに
 ベセラ社長は「東京2020大会のレガシープランはサステナビリティを重視した『よりよい未来へ共に進もう』である。当社もスポンサーとして、そのレガシーの一助になるべく参画してきた。このプロジェクトを通して、皆さん一人ひとりが循環型社会の実現に自分自身も貢献できるということを実感してもらえるきっかけになれば」と述べた。  続いて、野老氏、表彰時に使用する楽曲をつくった作曲家の佐藤直紀氏、表彰式のスタッフの衣装及びメダルトレイをデザインしたファッションディレクターの山口壮大氏が登壇。同社のCMに多数出演するなど縁の深い松岡修造の司会でそれぞれ思いを語った。  表彰台のデザインは、大会エンブレムコンセプトの「組市松紋」を立体化し、日本の伝統的な幾何学的デザイン、藍染めを想起させる色を取り入れたもの。野老氏は「デザインの根底には『つながる』という大きなワードがある。3Dプリンターによる造形技術は、次の世代につながるものでもある。我々の生活から出た、ともすればゴミになってしまうプラスチックが、素材の研究や技術によって表彰台として使用できるものになった。いろいろなテックや科学の塊であり、そこがこれまでの表彰台と比べて異なる点である。自分たちの子供や孫の世代へとつながるバトンのようになってくれればと思う」とコメントした。
(詳細は「日用品化粧品新聞」6月14日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT