日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 企業情報 > ファイントゥディ資生堂 始動

掲載企画コンテンツ

ファイントゥディ資生堂 始動

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイントゥディ資生堂 始動

 7月1日から活動をスタート
 資生堂のパーソナルケア商品を扱う新会社、ファイントゥデイ資生堂。資本や各種支援の面で資生堂との関係性は持ちつつも、独立した企業として7月1日から活動をスタートした。設立前日の6月30日、東京都中央区の資生堂花椿ホールで発表会を開催。小森哲郎社長、石川由紀子副社長、資生堂の魚谷雅彦社長が会社概要や経営戦略などを説明した。

 成長見込むブランドへ集中投資
 今後の戦略については、いくつか存在する100億円超ブランドを活用し、資生堂ならではの美的センスによる価値訴求を通した競争力の向上を掲げる。それを実現している代表商品が、ヘアトリートメント「フィーノ」。コロナ前のインバウンド需要や海外進出拡充も加えた相乗効果で急成長が目立つという。
 改めてパーソナルケア商品の活性化については「資生堂がプレステージ化粧品を強化する中、近年は我々が扱う商材への投資のタイミングを見計らうのが難しく事業拡大の術が見えにくかった」(小森社長)ことから、日本と中国を中心としたマーケティング・販売の組織を立ち上げ、成長を見込むブランドへの集中投資、DXなどを活用したきめ細かい対応を、スピード感を持って進める。
(詳細は「日用品化粧品新聞」7月5日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT