日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 企業情報 > ライオン、花王、マンダムの商品が国際宇宙ステーションの搭載に採用

掲載企画コンテンツ

ライオン、花王、マンダムの商品が国際宇宙ステーションの搭載に採用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライオン、花王、マンダムの商品が国際宇宙ステーションの搭載に採用

 宇宙空間で使えるハミガキや洗浄シート、ボディペーパーなど
  宇宙航空開発機構(JAXA)の「宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決のアイデア募集」に応募した各社の日用品・生活用品のうち、採用された各製品が2022年を目途に国際宇宙ステーション(ISS)に搭載されることになった。
 ライオンは、これまでの宇宙生活では使用後に飲み込むか紙に吐き出すなどして不快を伴うものとされてきた歯磨きに着目し、節水につながる「すすぎが簡単なハミガキ」を開発。一般的なペーストではなく液状のハミガキで、すすぎを簡単に行える点が評価された。
 花王は、水を使用せずに衣類の汚れやにおいを除去する衣類用洗浄シート「スペースランドリーシート」と、簡便に頭皮や髪の汚れを拭き取る洗髪シート「スリーディースペースシャンプーシート」の2品が採用された。水が貴重であるため洗濯が不可で何日も同じ服を着るしかなく、また洗髪はごく少量の水と特殊なシャンプーを用いて周囲に飛び散らないよう注意しながら行わなければならないといった課題を解決するもの。
 
 資生堂が三越伊勢丹と開発した宇宙船内服も
 マンダムの「ギャツビー スペースシャワーペーパー」(ボディ用、頭皮用)は、水が貴重なため「汗を流したり心身をリフレッシュしたりするためのシャワーを浴びることができない」という宇宙飛行士の生活課題を解決するボディペーパー。ISS内ではエタノールなどの揮発性水溶性成分の使用が厳しく制限されていて、一般的なボディペーパーに用いられるエタノールを配合することができないが、Kai-tech技術を応用することで、エタノールフリーでも快適な心地良さを実現した。
 その他、資生堂が三越伊勢丹らと共同で手掛けた宇宙船内服なども採用された。
(詳細は「日用品化粧品新聞」11月29日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT