日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

  • トイレタリー
    日用品
    生活雑貨
    化粧品の専門紙

    日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・
    用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する
    専門紙で、毎週月曜日に発行しています。

  • 定期刊行ダイジェスト
  • 定期刊行
    ダイジェスト

 

最新号のお知らせ

NEWS 

2019/08/09
ファンケルとキリンホールディングスが資本業務提携/シナジー創出で新発想の開発へ
 ファンケルは8月6日、キリンホールディングスと資本業務提携契約を締結した。創業者の池森賢二会長ファウンダーやその親族、資産管理会社などの保有する株式をキリンHDへ譲渡。株式の取得総額は1293億円、議決権割合は33・0%で、取得予定日は9月6日を予定し、ファンケルがキリンHDの持分方適用会社となる。キリンHDはファンケルの常勤取締役候補者、非常勤取締役候補者、常勤監査役候補者をそれぞれ1人指名する権利も有する。  これに伴い同日午後5時から、東京都中央区のベルサール八重洲で共同記者会見を実施、ファンケルの池森賢二会長ファウンダー、島田和幸社長CEO、キリンホールディングスの磯崎功典社長、西村慶介副社長が出席し、概要を説明した。  最大の目的は、両社の経営資源を活用し「素材・商品・ブランド開発」「共同研究・事業開発の推進」「インフラの相互利用」といった点でシナジー創出を図ること。キリンHDの「食から医にわたる領域」とファンケルの「美・健康」というそれぞれの強みにおける技術力、独自素材を生かして、新発想の商品開発へとつなげていく。(詳細は「日用品化粧品新聞」8月12日号)
2019/08/09
ライオン2019年1〜6月業績/オーラルケア、ビューティケアなど堅調
ライオンの2019年1〜6月期決算は、殺虫剤事業の売却に伴う薬品分野やその他分野の売上減があったものの、家庭品の主要分野における高付加価値品の寄与により実質的な成長を果たした。決算発表にともない8月7日午後4時45分から、東京都墨田区の国際ファッションセンターで説明会を開き、榊原健郎取締役城跡執行役員、小林健二郎取締役上席執行役員が同期の業績や自社の近況、今後の方向性などについて説明した。 売上高は前年同期に比べ0.7%減となったが、為替変動の影響を除けば0.5%減、マレーシアのライオンエコケミカルを連結対象から外した影響、殺虫剤事業売却の影響などを除く実質的な成長率は0.7%増となった。売上総利益から販売費及び一般管理費を控除して同社が独自の指標とする事業利益は0.9%減だった。(詳細は「日用品化粧品新聞」8月12日号)
2019/08/02
ウエルシアHDの都市型、郊外型店を視察
 地域の人たちの豊かな社会生活と健康な暮らしのサポートを実現するために、調剤併設、カウンセリング、深夜営業、介護を軸としたモデルによるドラッグストアを積極的に展開しているウエルシア。独自の“ウエルシアモデル”を展開する同社の都市型、郊外型の店舗を視察した。  ウエルシアららぽーと柏の葉店(千葉県柏市)は今年4月の改装で調剤薬局を併設した都市型ショッピングセンター店舗で、売場面積は約134坪。従業員は、薬剤師4人、登録販売者3人を含む30人。処方箋は常時2人で対応。つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅前に立地し、近辺にはくすりの福太郎花野井店、サンドラッグ花野井店、mio mioららぽーと柏の葉店などの競合他社でひしめき合っている。  NARCISららぽーと柏の葉店(千葉県柏市)は ウエルシアららぽーと柏の葉店と同様、ららぽーと内に今年3月に開店した、売場面積約41坪のラグジュアリーコスメセレクトショップ。「ADDICTION」「bareMinerals」「BOBBI BROWN」「CLARINS」「CLINIQUE」「Dior」「ebaviva」「ESTEELAUDER」「KOBAKO」「john Masters organics」「LAURAMERCIER」「LUNASOL」「M・A・C」といった化粧品ブランドを取り扱っている。  ウエルシア松戸五香西店(千葉県松戸市)は売場面積約280坪と標準的な規模を持ち、調剤薬局を併設した郊外型店舗。従業員は薬剤師3人、登録販売者数8人を含む、29人。最寄り駅は新京成線の五香駅や元山駅となるが、駅からは遠く近辺の住民が車や徒歩などで来店することが多い。近くには、マツモトキヨシ松飛台店、マツモトキヨシ五香西店がある。  ウエルシア神田小川町店(千代田区神田小川町)は東京メトロ・淡路町駅、都営線・小川町の出口すぐに位置し、神田や秋葉原も近いビジネス街で24時間営業する都市型店舗。売場面積が約109坪と小規模ながらも調剤薬局を併設している。従業員は、薬剤師1人、登録販売者9人を含む22人。近辺には、マツモトキヨシワテラスモール店、くすりの福太郎神田小川町店などのドラッグストアを始め、ファミリーマート薬ヒグチ淡路町店といったコンビニも数多く立ち並ぶ。(詳細は「日用品化粧品新聞」8月5日号)
@cosme

日用品化粧品新聞について

ABOUT

日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・日用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する専門紙で、 毎週月曜日に発行しています。

掲載企画

POSTING PLAN

お知らせ

2019/07/29
【夏季休暇】休業のお知らせ
誠に勝手ながら、2019年8月10日(土)〜18日(日)まで夏季休暇とさせていただきます。
2019/07/29
発行日変更などについて
「日用品化粧品新聞」は7月29日号を8月1日号に変更、また8月19日号は休刊とさせていただきます。
2019/04/10
大型連休に伴う発行日変更などについて
4月27日〜5月6日の大型連休に伴い、「日用品化粧品新聞」は4月29日号を5月1日号に、また5月6日号は休刊とさせていただきます。

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT