日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

  • トイレタリー
    日用品
    生活雑貨
    化粧品の専門紙

    日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・
    用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する
    専門紙で、毎週月曜日に発行しています。

  • 定期刊行ダイジェスト
  • 定期刊行
    ダイジェスト

 

最新号のお知らせ

NEWS 

2018/12/07
ポーラ「B.A」から美容食品
 ポーラは2019年2月1日、最高峰ブランド「B.A」から「B.Aタブレット」(60粒7000円、180粒1万8000円)、「B.Aリキッド」(20ml×12本8800円)を発売する。これに先立ち12月5日午前11時から、東京都渋谷区の表参道ヒルズで発表会を実施した。  新アイテム2品は、真皮の更に奥の皮下領域研究から誕生した。脂肪細胞どんな生活を送っているかということが反映されやすく、個体差がある脂肪細胞に着目。加齢、肥満、油の多い食事の摂取、ストレス、過度な運動、喫煙などで脂肪細胞から発生しやすくなる成分「ケメリン」が、全身のハリ、立体感、潤いに悪影響を与えていることを発見してアプローチを行う。
2018/12/07
全卸連が業界紙記者懇談会
 全国化粧品日用品卸連合会(全卸連)は12月4日午前11時30分から、東京都千代田区のAP東京丸の内で業界紙記者懇談会を開き、今年1年間の取り組みや今後の方向性などについて説明した。  冒頭であいさつに立った森友徳兵衛会長(森友通商)は「沖縄の西表島では12月としては観測史上初めて気温29.4℃を記録するなど、異常気象の一年だった。その中でも全卸連としては様々な活動を行い、その内容は10年前に比べて濃くなっているのではないかと自負している」と述べた。
2018/11/30
花王が技術イノベーション説明会で五つの技術発表
 花王は11月27日午前10時から、東京都千代田区のホテルニューオータニにマスコミ各社らを招き「花王グループ・技術イノベーション説明会」を行った。強みとする研究開発による技術的な成果、知見など、幅広く培ってきた資産を各方面との連携や協働によって広く活用していくことを目指すもので、様々な社会的課題の解決へ向けて取り組みを強化する。    皮膚科学では、肌に超極細の繊維を直接吹きつけることで自然な積層型極薄膜を肌表面につくる「ファインファイバー」技術を開発したことを紹介。自然な極薄膜で、自社の多様な製剤との組み合わせにより化粧品領域で新たな提案に結びつける他、将来的には治療領域での応用も見据える。その他、皮膚の状態を反映する遺伝子発現情報「RNA」を顔の皮膚から得て分析する新技術「RNAモニタリング」、パッチテストが不要で皮膚は染まりにくく簡単・簡便で、自然あるいは多彩な色を自由に制御できる世界初で唯一のヘアカラー技術「クリエテイティッドカラー」、未来のバイオマスで最も生産性の高い原料から新たな洗浄料を生み出す技術から見出した界面活性剤を「バイオIOS」、海洋プラスチックごみのゼロ化、リサイクルプラスチック100%活用、内部の残液ゼロを目指した「パッケージ リサイクリエーション」を紹介した。
@cosme

日用品化粧品新聞について

ABOUT

日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・日用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する専門紙で、 毎週月曜日に発行しています。

掲載企画

POSTING PLAN

お知らせ

2018/11/22
年末・年始の発行について
「日用品化粧品新聞」「生活用品タイムズ」2018年の発行は、12月10日号をもって納刊となります。来たる2019年は1月1日号「新春特別号」から発行いたします。ご了承ください。
2018/10/29
11月5日号発送について
 11月5日号は、発送スケジュールの都合により、一部地域で到着が遅れることがあります。ご了承ください。
2018/10/12
10月15日号(スキンケア特別号)発送について
 10月15日号(スキンケア特別号)は、特別仕様による発送の都合で、一部地域で到着が遅れることがあります。ご了承ください。

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT