日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

  • トイレタリー
    日用品
    生活雑貨
    化粧品の専門紙

    日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・
    用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する
    専門紙で、毎週月曜日に発行しています。

  • 定期刊行ダイジェスト
  • 定期刊行
    ダイジェスト

 

最新号のお知らせ

NEWS 

2019/06/14
アルビオン19年3月期決算。海外好調も増収増益
 アルビオンの2019年3月期は、前年同期比0・6%増の686億4000万円で、海外向けの転売対策を進めるなどした影響から売り上げが減少した国内向けが2・7%減、関西国際空港、成田国際空港、羽田空港内への免税店オープン、Tモールグローバルへの出店などで展開を拡充した海外向けが29・0%増だった。営業利益、純利益はともに減少した。  ブランド別売り上げは、主力の「アルビオン」が8・6%減。上記販売施策の影響から百貨店での売り上げが大きくダウンした。近年苦戦が続いていた「イグニス」は、5・9%増。クレンジング・洗顔アイテムや美容液「ヘヴンスイッチEX」が好調で業績をリードした。「エレガンス」も好調を維持し、主力のフェイスパウダー「プードル」を中心に成長し23・9%増となった。「アナスイ」「ポール&ジョー」「ラデュレ」などから成る国際事業本部は19・3%増と大きく成長した。  チャネル別の売り上げは、化粧品専門店が1・6%増で、そのうちロードサイド店は0・4%増、ショッピングセンター店は2・2%増。18店に増加したアルビオンドレッサーは48・5%と大きく伸びた。百貨店は9・9%減。 (詳細は「日用品化粧品新聞」6月17日号)
2019/06/14
NSファーファ・ジャパンが今後の方針説明。「固形洗剤」で市場開拓へ
 NSファーファ・ジャパンは6月11日午前10時30分から、東京都墨田区の東京本社で新商品発表会を実施した。里村治社長、笠原秀郎専務、マーケティング部の遠藤章生部長が、現状や今後の展開などについて説明した。  今年2月に終了した第59期決算については、3カ年にわたり進めてきた構造改革が完了した形。黒字転換、増収増益となり、配当も復活。キャッシュフローも改善した。その背景には、収益性の高い「ファーファファインフレグランス」「ファーファココロ」の売上構成比が高まったことがある。原料調達については、その性能を変えずに低価格のものを調達できるようになった。粉末レギュラー洗剤はマレーシアからの輸入に踏み切るなどしてきた。これらにより売上原価率が改善され、大幅な増益につながった。  新商品では、作業着用洗剤のトップシェアブランド「ワーカーズ」を、商品の存在感と性能感をアピールするパッケージデザインに変更する。  また、海外生まれの「固形洗剤」として展開する「ランドリースクラバー」は、部分洗いの固形石鹸とは一線を画し、新たな市場の創造を目指す。 (詳細は「日用品化粧品新聞」6月17日号)
2019/06/07
日本チェーンドラッグストア協会設立20周年/新会長に池野隆光氏
 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は設立20周年を迎えたことを記念し、6月3日午後1時から、東京都千代田区のホテルニューオータニで「特別記者会見」及び「設立20周年記念セレモニー」を実施した。会員企業を始め、メーカーや卸売業、国会議など、多くの関係者が出席した。また、会長にウエルシアホールディングスの池野隆光会長が就任。「10兆円産業」を目指し、新たなスタートを切った。
@cosme

日用品化粧品新聞について

ABOUT

日用品化粧品新聞は、日本および海外のトイレタリー・日用品・生活雑貨・化粧品などの情報を中心に報道する専門紙で、 毎週月曜日に発行しています。

掲載企画

POSTING PLAN

お知らせ

2019/04/10
大型連休に伴う発行日変更などについて
4月27日〜5月6日の大型連休に伴い、「日用品化粧品新聞」は4月29日号を5月1日号に、また5月6日号は休刊とさせていただきます。
2018/12/14
【年末・年始】休業のお知らせ
いつも「日用品化粧品新聞」「生活用品タイムズ」をご愛読いただきありがとうこざいます。 誠に勝手ながら、日用品化粧品新聞社では下記期間を休業日とさせていただきます。 2018年12月28日(金)〜2019年1月6日(日)
2018/11/22
年末・年始の発行について
「日用品化粧品新聞」「生活用品タイムズ」2018年の発行は、12月10日号をもって納刊となります。来たる2019年は1月1日号「新春特別号」から発行いたします。ご了承ください。

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT