日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > コラム > 「@cosmeアットコスメデータから見る人気の秘密—ヒットコスメの裏側」【寄稿】

掲載企画コンテンツ

「@cosmeアットコスメデータから見る人気の秘密—ヒットコスメの裏側」【寄稿】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「@cosmeアットコスメデータから見る人気の秘密—ヒットコスメの裏側」【寄稿】
ミーゼ/スカルプリフト
(リサーチプランナー 西原羽衣子)

頭皮を刺激してリフトアップ
 いまアットコスメでヘアブラシ型EMS美容家電への注目が高まっている。
 「ミーゼ スカルプリフト」のクチコミでは「側頭部をほぐすとほうれい線や頬のたるみに良いと聞いた」「いくら顔をケアしたってマッサージしたって弛んでくるのはいつだって上から」というように頭皮についての記載が多いことが特徴的であり、「頭筋をEMS刺激しながら、お顔のリフトケア」という商品コンセプトへの受容の高さをうかがわせる。

 また、他の美容家電やエステ、クリニックでの施術との比較もあれば、ヘッドマッサージャーやスカルプブラシ、コリをほぐすためのマッサージ施術、シワやたるみ対策化粧品と比較したクチコミも見られるなど、既存美容家電ユーザーだけでなく広く関心を集めている様子が見られることも特徴的だ。

マスク生活による新ニーズに対応
 その要因の一つとなっているのが長期化するマスク生活。この商品のクチコミの15%に「コロナ禍のマスク生活で表情筋を動かすことが少なくなり、フェイスラインのもたつきが最近すごく気になっていた」「一日マスクを装着して帰宅すると、圧迫感によるものなのか片頭痛に悩まされる」というようにマスクを要因とする悩みが見られる。コロナ禍に生まれた新しいニーズへのいち早い対応に市場活性化のチャンスがありそうだ。

(詳細は「日用品化粧品新聞」9月6日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT