日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 特集 > ペットの市場動向を分析

掲載企画コンテンツ

ペットの市場動向を分析

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットの市場動向を分析

 健康、衛生、安全・安心などを打ち出した商品が関心を

 コロナ禍の影響がプラスに働き、昨年から活発な動きを見せるペット市場。在宅時間の増加で新規にペットを購入する人が増えたというデータも出ており、合わせてフードや用品も健康、衛生、安全・安心などを打ち出した商品が関心を集めている。追い風市場の現状を追った。

 犬猫の飼育頭数が減少傾向も新規の飼育頭数が増加

 新規飼育頭数が増加も高齢化で全体的に減少傾向  ペットフード協会の「2020年全国犬猫飼育実態調査」によると、犬の飼育頭数は848万9000頭(前年879万7000頭)、猫は964万4000頭(同977万8000頭)と共に減少。ピーク時の05年ごろに購入された犬猫が高齢のために亡くなったことも要因の一つだという。また17年から4年継続して猫の飼育頭数が犬を上回る結果となった。(詳細は「日用品化粧品新聞」8月30日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT