日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 企業情報 > 旭化成ホームプロダクツが「ジップロック」リサイクルした傘のシェアリング開始

掲載企画コンテンツ

旭化成ホームプロダクツが「ジップロック」リサイクルした傘のシェアリング開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旭化成ホームプロダクツが「ジップロック」リサイクルした傘のシェアリング開始

 4社協働でプラスチック問題解決の一助に

 旭化成ホームプロダクツは7月29日から、主力製品「ジップロック」をリサイクルしてつくった傘をシェアリングするサービス「ジップロック リサイクルプログラム」を開始した。
 プログラムは、使用済みのジップロックを回収して別の製品につくり替え、プラスチックの廃棄問題の解決の一助にしようという活動。回収を行うテラサイクル、傘のシェアサービス「アイカサ」を展開するNatura Innovation Group、傘のデザイン監修を担当したビームスクチュールと協働によるもの。テラサイクルのウェブサイトで回収を募り、集めた使用済みジップロックおよび生産過程で出る廃棄品も含めてプラスチックから、ジップロックのイメージを生かしたデザインでビニール傘に再生。アイカサが9月中旬から、東京・西武鉄道池袋線の池袋駅〜飯能駅沿線を皮切りに首都圏各所でシェアサービスを運用する。  

 西武鉄道・池袋駅などを皮切りに首都圏でサービス運用

 現在、日本人一人当たりの使い捨てプラスチック容器の廃棄量は世界第2位という水準にあり、廃プラスチックの輸出量も第3位。これを受け入いれていたアジア各国が輸入規制したことで、日本国内での資源循環体制が急がれている。また、ビニール傘の消費量は年間8000万本に上り、1本当たりのプラスチック使用量がストローの400倍に相当するという。
 
 (詳細は「日用品化粧品新聞」8月10日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT