日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 企業情報 > 資生堂がアクセンチュアと合弁会社設立

掲載企画コンテンツ

資生堂がアクセンチュアと合弁会社設立

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資生堂がアクセンチュアと合弁会社設立

「資生堂インタラクティブビューティー」7月スタート

 資生堂は、先に戦略的パートナーシップを結ぶことを発表したアクセンチュアとの合弁による新会社「資生堂インタラクティブビューティー」を設立、7月から事業を開始する。これに先立ち5月11日、オンラインで会見を行い、両社トップが今後の方向性などを説明した。
 新会社では、資生堂グループ全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、日本の事業モデルを革新していくことを目的とするIT戦略機能会社と位置づける。デジタルを中心とした事業モデル改革、グローバル標準のITインフラとオペレーションの構築、更にデジタル・IT領域での人材の強化に取り組む。資本金1億円、従業員250人でスタートし、資生堂及びグループ会社にデジタルマーケティング業務やIT関連業務を提供する。

魚谷社長が会見で決意

 会見で資生堂の魚谷雅彦社長は「当社は、単に化粧品を販売するのではなく、美の力で世界をより良くすることを使命としている。そのためにデジタルトランスフォーメーションは不可欠と考え、これに特化した企業と組むことにした」と今回の合弁の理由を説明した。
(詳細は「日用品化粧品新聞」5月17日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT