日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 企業情報 > 花王が茶カテキンなど外販開始

掲載企画コンテンツ

花王が茶カテキンなど外販開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花王が茶カテキンなど外販開始

健康志向の高まり受けて、より多くの人々にポリフェノール届ける

 花王は、茶カテキンやコーヒー豆由来クロロゲン酸類などポリフェノール素材の外部への販売を開始した。合わせて、ポリフェノール研究の成果や、生産、品質管理、分析、機能性食品届出などのサポートも行う。最初の供給先となるダイドードリンコは9月20日、茶カテキン配合のエナジードリンクを発売する。これに先立ち9月2日、オンラインで発表会を行い、新製品の概要や素材供給の背景などを説明した。
 花王は長年研究してきたポリフェノールの中で、茶カテキンにはBMIが高めの人の体脂肪や内臓脂肪を減らすこと、コーヒー豆由来クロロゲン酸類には血圧が高めの人の血圧を下げる機能性があることを見いだしている。これらを原料とする特定機能性食品、機能性表示食品「ヘルシア」シリーズを展開しているが「健康志向が高まり、より多くの方々にポリフェノールを届けるため」(同社)外部への販売に踏み切った。

第1弾はダイドードリンコのエナジードリンク「ザ バーニング」

 採用第1弾となったダイドードリンコのエナジードリンクは「ザ バーニング」(250ml200円)の商品名で発売。飲料市場では、コロナ禍による影響で健康意識が変化したことを受けて、このカテゴリーへのニーズが高まり、2020年で前年比2割伸びて構成比も上昇する傾向にあること、またエナジードリンク飲用者は特定保健食品や機能性表示食品の購買意欲も高く、健康志向と気分転換が期待されていると判断し、茶カテキンに注目して開発したという。茶カテキンは花王の「ルナノフェンT―100」を使用。クエン酸と茶カテキンによりすっきりした後味とし、飲みやすさにも配慮している。

(詳細は「日用品化粧品新聞」9月13日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT