日用品・化粧品・生活用品業界の専門紙

HOME > 掲載企画コンテンツ > 市場ウォッチ > 【殺虫剤・虫ケア市場】今シーズンの行方は

掲載企画コンテンツ

【殺虫剤・虫ケア市場】今シーズンの行方は

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【殺虫剤・虫ケア市場】今シーズンの行方は

昨年の殺虫剤・虫ケア用品市場は、前年比16%増と近年にない伸び率を見せた。前年の1・5%増から大きくジャンプアッパしたのは、コロナ禍での影響が大きく関わっていることは疑いようのない事実だろう。今年はその勢いが果たして続くのか。ここまでの市況や主要メーカーの展開などを追った。
 ゴキブリ用の伸びが顕著
 昨年は、春先の気温が高かったことや、台風の発生がシーズン終盤までほぼ無かったことに加え、コロナ禍での需要の構築で好調に推移した。コロナ禍では、在宅時間の増加で虫を見る機会や、窓やドアを開けた換気に伴う虫の室内への侵入防止などの需要が増加。ほぼ全ての駆除剤、虫よけ剤が前年を上回った。

(詳細は「日用品化粧品新聞」5月3日号/または日本経済新聞社「日経テレコン」で)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お申し込み・お問い合わせ

CONTACT